So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

勝ち続けることでしか、示せないものがある。

シーズンは長い。浮き沈みがあり、好不調だってある。そういうイミではタイミングだって結構重要なのかもしれない。記憶をたどれば数々の解任ブーストをくらったこともあった。中断までのリーグ戦、磐田名古屋大阪長崎。現在の立ち位置、けが人の状況などを考えれば、この4戦は是非とも取らねば。中断前、上位の背中が見えるところまではなんとかたどり着きたい。目指すものがてっぺんならなおさらだ。まだあきらめるのは早かろう。


2018-04-30 18:28  nice!(1)  コメント(0) 

鹿島戦、ここが始まり。

ゴールデンウィーク突入の、晴天の、土曜ナイターの、オリ10対決でも発券2万ちょっとはやはり両チームの現状を表しているということかもしれません。まだ苦手意識をぬぐうには足らない想いを持ちつつ試合に入り、ここできっかけにするには大きな試合との想いも併せて持ち合わせ、気持ち的にはあれやこれや。でも、結果はすべてを吹き飛ばす快勝といってよいでしょう。カップ戦流れのこーたの右サイドがよくがんばったし、てるも後半しっかり違いを出した。負けてなお強しの印象を残す鹿島もさすがだと思ったが、最後やらせない気持ちが上回った。トンネルをようやく抜けた。だが、それでよしではなく、すべてはここから。連戦を勝ち越すには積み上げるのみ。


2018-04-29 09:01  nice!(1)  コメント(0) 

それでも、てるを信じてる。

札幌ではシュートなしだったんだ。失点のところの守備の戻りもいつもとは確かに違ってたかな。それでも、テンポを変える貴重な存在。ひとつ結果を出すことがチームの結果を変える存在になれる。3年間、ためてためてきたものを今こそ解き放て。スタンドはわかってる。ホーム日産で、今度こそ!


2018-04-27 21:13  nice!(1)  コメント(0) 

顔を上げれば、そこに鹿島戦。

去年の日産スタジアムを思い出そうか。やっていることもやっているひとも変わっているけれど、同じ場所で同じ相手との戦い。幾度となく苦汁をのまされてきた相手にようやく一矢報いたあの瞬間を思い出そう。そして同じ気持ちで立ち向かおう。やりきること。やりつづけること。しんじること。まずはきっかけをつかむ。それにはいい相手じゃないか。


2018-04-26 20:20  nice!(0)  コメント(0) 

まだ、作っている最中ですの?

全34節のうち、10節を終了。いい加減、結果や答えを出さないと、なんのためにやってるのかって話になりますよねえ。来年に向けて、今年いちねんかけて作るつもり?そういう話ではなかったですよねえ。まず目の前の試合を取るための、ベストの選択をしているのでしょうか。ボス、今日はほぼベンチに腰かけて試合を眺めていたようですが。出場選手、ベンチメンバー、交代、そしてひとつひとつのプレイ、その選択の意図はどこにあるのでしょう。ほぼ準備なしで臨むクラッシック。この対戦が下位対決っていうのも、どうもね。トンネルを抜けるきっかけは、いったいどこにあるのでしょうか。。。


2018-04-25 21:38  nice!(1)  コメント(0) 

センター金爆?これは楽しみかも。

予報が一転、気温一桁の雨模様。試合に入ってしまえば関係ないかもしれないが、前乗り今宵も寒かろう。くれぐれ風邪など持ち帰らずに。連戦ようやく半ば。前半なかなか結果が出ていないなか、入れ替えながら探りながら、現状での最適解を求める。北の大地での組み合わせはどうやら金爆。想いの強さなら最強コンビ。右のてるとともにトンネルを抜ける劇勝を。自分も必死に帰路につくことにします。しかし、中2日で鹿島戦、しかも移動込みで1日はオフ扱い。この日程はさすがに。。。


2018-04-24 21:08  nice!(1)  コメント(0) 

水曜札幌、晴れのち曇り。

気温10度ちょっとで風穏やかとなれば、コンディション的にはやりやすそう。雨予報や超低温は避けられそうで何より。連戦はまだ折り返し。へたに風邪でも引いた日には目も当てられないし。リーグも10節。そろそろそろそろ、結果がほしい。ぶーのケガの状態は心配だけれど、悩むことなく選手起用ができることをプラスにとらえ、勝ち点3を持ち帰ってくれることを願う。好調札幌といえど、食い合わせはよさそう。白い恋人、食いつくそう!


2018-04-23 21:05  nice!(0)  コメント(0) 

ウーゴ、タッチは3回制限で。

勝利に結びつかなかったことがなにより残念だけれど、トップスコアラーに名乗りを上げたことは紛れもない事実。感情の浮き沈みが激しすぎて、記憶が確かかどうかはわからないけれど、3点ともタッチ数は3回だった気がする。これまでも点で合わせるゴールを重ねてきたウーゴ。逆に言えば、もらってからこねて抜いてはなしということか。本人のコメントにも抜き切る前に見えないところから撃ったということは、そういうことなのだろう。新しいトリセツ誕生だ。3タッチで撃てる場所へパスを出す。そうすればゴール量産間違いなし。どれだけとられても、それ以上とれば勝ち点3。ああ、麻痺してきた。


2018-04-22 18:35  nice!(1)  コメント(0) 

湘南戦、こういう試合が増えるのかな。

堅守のカンバンは昨シーズン中途からすでにおろした感もあった。けど、正直、まだ慣れない。ただ、今年のサッカーはこういう殴り合い上等なサッカーだということは間違いなかろう。とられないことよりもとることを優先した動き。だから、とられてもとられただけとりかえす。そういう展開が多くなるのかもしれない。できればとられるまえにとって、とられるより多くとりきる試合を見たい。ウノゼロの美学は過去のものと認識しなくては。覚悟をもって慣れていかなくてはね。今日に関しては左に寄りすぎが残念。後半、てるの動きで空気が完全に変わった。もっと使ってほしかったというのが率直な感想。次が10試合目。そろそろ結果を出さないとね。


2018-04-21 21:35  nice!(1)  コメント(0) 

ここまで予想できての補強だったとしたら。。。

さかのぼること約4ヵ月。元旦決戦までの長いシーズンを終えたチームから契約に関する情報が次々とリリースされた。若手の加入情報はほぼほぼ出きっていたので、流出といわゆる即戦力とおぼしき加入。受け入れがたいものや疑いを隠せないものもあったけれど、終わってみてのいちばんの感想はセンターバックの将来像が見えない、そんな記事を書いた。シーズン早々に勇蔵の離脱、恐れていたことはあまりに早く起きた。たかしのセンター起用がはまったとき、このシステムなら固定概念を外してあらゆる可能性を考える必要があると感じた。そして昨日のたくみの起用。両サイドが内に絞ったかのような陣形。アンカーが落ちて、両サイドへ開くこのシステムならではのポジションを考えるとじゅうぶん対応可能と言える。だが、たかしがゴール前まであがるのは怖い!このフォーメーションがイメージのなかにあっての冬の補強だったとしたら、まさにシティ、恐るべし!


2018-04-19 20:40  nice!(1)  コメント(0) 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]