So-net無料ブログ作成
2018年05月| 2018年06月 |- ブログトップ
前の10件 | -

間違いなく、世界基準。

さすがに仕事もあるのでね、そうそう夜中の試合を見てもいられないわけですが、垣間見る試合のあちらこちらに垣間見える見覚えのある戦術。もちろん完成度や個人のスキルには違いがあっても、その方向性の世界基準は見ていて明らかな気がしてきた。新潟キャンプで熟成したら、これは台風の目になりますよ。そのためにも、必要な人員は確保しとかないと。。。


2018-06-18 20:26  nice!(1)  コメント(0) 

ミロシュ、出ない。

残念。センターバック、カードもらってたし、展開によっては、と思ったけどもったいないゴールからそういう流れもなくなりまして。試合後にちょっとだけ映り込み。次戦に期待します。


2018-06-16 21:31  nice!(1)  コメント(0) 

唯一の楽しみ?ミロシュを見ろっす!

ああ、キレが悪い。いろいろココロはざわつくのですが、明け方のスペイン戦と夕方のオーストラリア戦は見逃せないと。問題は明日のいちにち立ちシゴトで、体力が続くかどうか。カントク電撃交代のスペインの動向。フランス相手にどれくらい守るか。結果いかんではジダンの出番が早まるのか、とか、場外がやたらとにぎにぎしい。。。


2018-06-15 22:42  nice!(1)  コメント(0) 

トリフェスで大発表、あるかもあるかも。

悪いニュースもいいニュースも、今年のリリースの流れを考えるとあり得る気がする。ちょっと小芝居が入るかどうかは別にして。世の中の注目はおろしあ。その人目のつかないところで着々と話は進んでいるのか。なにげに眠れぬ夜。どうせ寝ないなら試合でも見るか。。。


2018-06-14 21:04  nice!(1)  コメント(0) 

ロシアよりシンヨコ?

あっ、明日からなんだ。例によって開催国からの開幕。あれっ?前は優勝国だっけ。即出場の特権なくなったんだっけ。いろいろ情報に疎くなっている。。。うっかり土曜日の夕方に予定を入れてしまい、ミロシュの試合を途中からしか見られないことが今さら判明。でも、気持ちはトリフェス、天気だけ心配。あと、天皇杯のベンチ左右、情報が交錯してますが、正式リリースはまだですよね。


2018-06-13 20:31  nice!(0)  コメント(0) 

そういえば、獲得間近の情報もあったよな。

そこそこの有望株、だけどあの時点では外国人枠の関係で飛ばしの可能性とバブの磐田行きの噂とが交錯した話だった。でも、ここでこれほどの話になるということは、あの時点ですでに水面下ではかなりな動きがあったと見るべきなのかもしれない。いやあ、トップスコアラーにしてここ数試合の使い方、おーつの使い勝手なんかを総合的に見ても、ベクトルは同じ向きかもしれん。だとすれば、トリフェス電撃発表の目もかなりあるのか。呼ぶならキャンプ前には合流していてほしい。ここ数日のリリースに注目。。。



2018-06-12 20:43  nice!(1)  コメント(0) 

あるのか、中断期間の電撃・・・。

カップ戦が終わり、国内のリーグは本当の中断になり、盛り上がらないながもようやくワールドカップモードかと思いきや、なかなかそうはいかないらしい。えっ、PKだけのやり直し?やっぱりあれだけの数の試合を同時に開催するのは審判確保的に無理なのでは?という単純な疑問。あっちでもこっちでも、???な判定はかえってファンを離すのでは?そして、まさかの移籍情報。せっかく調子を上げてきたチームのトップスコアラーを逃がしてなお、それを埋める加入を握っているというのか。シティの目論見、読めん。


2018-06-11 21:28  nice!(1)  コメント(0) 

中断期間、これは少し早目の夏休みか。

まるまる2週間オフなんだ。まあ、連戦期間は週休2日にも足らなそうだったから、そのぶん埋め合わせですかね。また各地からの便りがSNSに上がりそうですが、やっぱり観戦組もいるのかしらん。とはいえ、まるっきり緩めたらキャンプつらそう。適度に圧はかけておくものなのでしょう。本格的な梅雨空。台風も心配だし、また公園水没も心配です。


2018-06-10 17:13  nice!(1)  コメント(0) 

ルヴァン神戸戦、舞台は秋のわくわくへ!

流れは決して良くなかったと思う。既視感のある相手へのプレゼントパスからの失点。ゴールに戻るまつけんがボールを見送っていなかったらひょっとして、の目もあったかもだが、まあ責められるものではない。だが不思議なもので、次の1点を先に取られる感覚がまるでなかった。それはトータルで勝ち抜ける意識より、この試合への意識がまさっていたせいかもしれない。トータル1点差リードを意識したらもっと縮み上がってしまったかもしれない。この試合1点ビハインドは、イコール取りにいくを意味する。その意思統一は見事なまでにできていたように思う。勝ってすっきりとはいかなかったが、負けずに中断期間へ入る。さらに熟成を見せたチームはどんな化学反応を示すのか。そのお披露目の場所もそろそろ正式発表。三ツ沢のサイドはどっち側だ?


2018-06-09 20:12  nice!(1)  コメント(0) 

それにつけても、テルの存在感。

本来ならば、投入は想定外。むしろセイフティからのじんやほりけんの試運転すら想定にあったはず。立ち上がりの1点はそれを感じさせ、そこからゆるんだとも思えないが、失点はどれも、ん?って展開。そして終盤、相手の足が止まり始めていた頃合いだったとはいえ、ひとりだけエンジンカテゴリーの違うマシンが混じったカーレースのよう。さらには自由度を増したバブのポジション修正の声。ひと月前にこの状態を予想できたかといえば、明らかに否。だからこそ、まだまだまさしには期待するよ。そんなわけで、土曜日はおーつのワントップ継続が既定路線?それが明らかとなったような雨の三ツ沢でした。


2018-06-07 21:23  nice!(1)  コメント(0) 

前の10件 | -
2018年05月|2018年06月 |- ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]