So-net無料ブログ作成

今日のところは、いいくらの自責やね。

後半はまさに水球。どこかで見た光景という意味ではこちらに分があったのかもしれない。けーたの突破からのPKで先制も、かわまたの同点弾は防ぎようのないもの。だから、少なくとも勝ち点1の価値はあった試合だった気がします。一番後ろから状況判断が一番できていなくてはいけないはずのいいくらの軽率プレイの代償。厳しい言い方だけど、今日のところはゲームを壊した張本人と言わざるを得ないよね。残り3つ、どこにモチベーションを置いて、高知キャンプの臨むのか、ここからモンさんの本質が見えてくるはず。まずは桜にリベンジして、目指すところをつかまなくてはね。


2017-10-29 19:51  nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]